損害を最小限に

経営者にとってクレームや損害が起きた時は、一番の優先順位として対処しなければいけません。
取引き先とのトラブルであれば契約解除だけでなく、損害賠償を請求される可能性があります。大口の取引先の場合は、会社の存続にも関わってくる大きな問題になってくるため、早い段階で和解解決をすることが最優先になります。その為、経営者自ら行動しなくてはいけない重要課題になります。しかし長期化してしまうと損害賠償の問題だけではすまなくなってしまいます。なぜなら経営者の営業活動を妨げる事にもつながってくるからです。すると損害と会社の利益の減少が同時に訪れる事になります。そこで経営者の代わりとなって動いてくれるのが顧問弁護士の存在です。

顧問弁護士は法律や過去の類似事件と比較して、どの程度の損害になるのか予測を立てつつ、なるべく最小限に抑える為の交渉をする役目になります。顧問弁護士であれば普段のコミュニケーションが取れていることで、経営者の考えや事業内容も十分理解しています。そのため安心して任せることができます。経営者との確認作業においても最小限にすることができ、負担を軽減させることができます。また精神的なストレスを抱え込むことも少なくなる為、時間と精神面両方でメリットがあります。