企業が抱える問題解決

会社を経営している人にとって、会社の経営を維持して繁栄させることは大きな課題です。
特に株式会社になると、会社は自分だけの物だけでは無く、株主にとっても資産となります。会社が大きくなればなるほど、多くの人が会社に関わる事になります。すると外部と内部の関係でなにかしらの問題が生じる可能性が高くなります。外部では取引先との間で賠償や回収などの金銭的な問題、内部では労働に関する従業員の問題など細かいことから大きな損害まで気にすべき点が増えます。特に会社が中小企業の場合、経営者の従業員お関係性がとっても近くなります。その分経営者の負担も増え、何かしらのトラブルが起きた時に会社の経営にまで影響を与えてしまう可能性があります。

そこで顧問弁護士を雇う事で、法律という視点で専門的なアドバイスをもらう事ができます。内部の問題で同じような案件の場合は、過去にどのような対策をとったのかなど事例をもとにある程度の予測を立てる事ができます。また取引先とのトラブルの場合は、損害を最小限に抑える為に経営者の代わりに示談交渉を行ってくれます。また常に経営者が小さなことを顧問弁護士に相談することで、損害が出る可能性を指摘してもらう事ができます。多くの企業の顧問弁護士をしている人であれば、過去の経験なども大きな参考になるでしょう。