問題を未然に防ぐ

本来弁護を依頼するときは、何かしらの問題が生じた時がほとんどです。
多くの人は弁護士と接する機会がない為、急なトラブルに巻き込まれた時に慌てて相談に来るケースが多いです。弁護士は法律の専門家でもありますが、それぞれ得意分野が異なります。そのため会社の経営者の場合は企業弁護に対して専門的な弁護士を見つけなければいけません。しかし早く解決をしたいという気持ちがあり、会社のトラブル解決に適した弁護士なのかそうではないのか見極める時間の猶予もありません。そこで万が一問題が起こった場合、焦らず対応するためにも顧問弁護士の存在は需要です。

顧問弁護士は普段から経営者の相談事を受ける事で、今会社がどのような状態であるのかを把握することができます。また今後の会社の方針によって、どのような問題が発生する可能性があるのか、それを未然に防ぐためにはどのような点に気を付けたらいいのかをアドバイスしてもらう事ができます。実際に顧問弁護士が関わる事で、大きな問題や損害賠償になる前に、未然に問題を防ぐことができるケースが沢山あります。損害を出す事は会社にとってマイナスにしかなりません。また損害額が大きければ大きいほど、顧問弁護士を雇った費用を支払う方が十分な価値が生まれます。

損害を最小限に

経営者にとってクレームや損害が起きた時は、一番の優先順位として対処しなければいけません。
取引き先とのトラブルであれば契約解除だけでなく、損害賠償を請求される可能性があります。大口の取引先の場合は、会社の存続にも関わってくる大きな問題になってくるため、早い段階で和解解決をすることが最優先になります。その為、経営者自ら行動しなくてはいけない重要課題になります。しかし長期化してしまうと損害賠償の問題だけではすまなくなってしまいます。なぜなら経営者の営業活動を妨げる事にもつながってくるからです。すると損害と会社の利益の減少が同時に訪れる事になります。そこで経営者の代わりとなって動いてくれるのが顧問弁護士の存在です。

顧問弁護士は法律や過去の類似事件と比較して、どの程度の損害になるのか予測を立てつつ、なるべく最小限に抑える為の交渉をする役目になります。顧問弁護士であれば普段のコミュニケーションが取れていることで、経営者の考えや事業内容も十分理解しています。そのため安心して任せることができます。経営者との確認作業においても最小限にすることができ、負担を軽減させることができます。また精神的なストレスを抱え込むことも少なくなる為、時間と精神面両方でメリットがあります。

顧問弁護士の役割やメリットについてご紹介しています。